アルコールチェッカーを購入し精度を検証|1000円以下でも使える?

ネットで1000円程度で買えるアルコールチェッカー。

本当にしっかりと反応するのか?

検出能力は?

実際に購入して検証してみました。

アルコールチェッカーを購入したきっかけ

私はお酒が大好きなので、ほぼ毎日晩酌します。

もちろん晩酌した後は寝るだけなので、普段はアルコールチェッカーは必要ありません。

しかし、家族でテーマパークや遊園地のプールへ行った時の昼食時、ビールを呑む事があります。

そんな時、帰る際にアルコールが抜けているか気になる時がありました。

時間も経ってるし自分自身も酔いの感じが全くなくても、やはり気になります。

そこで、ネットで売られている格安チェッカーが役に立つのか検証してみる事にしました。

現在の飲酒運転の罰則

酒気帯び運転は、2002年(平成14年)5月末までは、呼気中アルコール濃度0.25 mg以上で違反点数6点となっていましたが、2002年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数6点、0.25 mg以上で違反点数13点、さらに2009年6月以降は、0.15 mg以上で違反点数13点、0.25 mg以上で違反点数25点と、年々重い行政処分が課されるようになってきました。

酒酔い運転

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 35点

酒気帯び

0.25mg以上
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 25点

0.15~0.25mg
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 13点

違反点数13点・・・免許停止90日
違反点数25点・・・免許取消、欠格期間2年
違反点数35点・・・免許取消、欠格期間3年

また、お酒・車両の提供者、同乗者も罰せられます。

今回、購入したアルコールチェッカはこれ

送料込み790円です。

激安と言うか、値段からして「おもちゃ」としか思えません。

でもこれでしっかり検知できれば、すごく安い買い物です。

早速注文すると3日後に届きました。

実際に届いたのはこちら。

値段の割にパッケージがしっかりしています。

箱も日本語表記で一見まともに見えます。

では開封してみます。

箱の中には本体とストラップ、説明書が1枚入っていました。

説明書は意外にも日本語でしっかりとした内容となっています。

また、本体の画面部分には保護フィルムが貼ってあります。

キズ防止対策が出来ていますね。

まあ、キズが付く前に壊れそうですが・・・。

また、こちらのチェッカーの表記は%なので、mgに変換するには0.2で割ります。

これがちょっとめんどくさい。

例えば検知結果が0.03%の場合は

0.03%÷0.2=0.15mg

となり酒気帯運転ギリギリのラインとなります。

表示は0.01%単位なので酒気帯0.15mgまでは

0.01%

0.02%

0.03%

3段階しか計測できないという事です。

まぁ、白か黒かをはっきりさせる用途では使えるかもしれません。

格安チェッカーの検出能力は

では実際にチェッカーを使用してみました。

が・・・。

写真を撮る前に壊れました!!

保証が1ヶ月付いているので今返品依頼中です。

新しい物が来ましたらこの続きをこのページでレポートしていきます。

それにしてもこんなに早く壊れるとは・・・。

この値段だと、返品しない人の方が多いのかな?

新しいチェッカーが来ました

購入したお店へ故障した事をメールで伝えると以下のメールが来ました。

お世話になっております。
この度は商品の不具合によりご迷惑をお掛けいたしておりまして、大変申し訳ございません。
返金または、新しい商品のお届けにて対応させていただきます。
ご希望をお知らせくださいませ。

返金をご希望の場合は、クレジットカード決済でのご注文ですのでクレジットカード決済のお取り消しをいたします。
すでにご請求がされております場合は、翌月以降のご利用分から差し引かれますので、ご了承くださいませ。
ご返金時期などにつきましては、恐れ入りますがクレジットカード会社へお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ポイントにつきましては、ご注文のキャンセルのお手続き完了後に返還されます。
返還までには数日かかる場合もございますので、楽天PointClubにてご確認くださいませ。

交換をご希望の場合は、新しい商品を検品のうえご発送いたします。

どちらをご希望の場合にも、お手元の不良品につきましては、お客様の方で廃棄をよろしくお願いいたします。

ご迷惑をお掛けいたしまして、大変申し訳ございません。
ご返信をよろしくお願いいたします。

このように好対応でした。

このお店は安心して買い物が出来ます。

私は新しい商品の発送を希望し、2日で新しい商品が届きました。

実際に届いた商品はこちらになります。

一枚の紙が添えられていました。

お詫びの手紙でした。

やはり、対応の良いお店です。

790円でここまでしてもらって逆に申し訳ない気がしました。

実際、790円の商品を送料無料で販売して利益が有るのか?

って思ってしまいます。

790円チェッカーの能力は?

では実際に缶ビール500㎖を1本呑み計測してみました。

0.08%なので 0.4mgになります。

って事は

0.25mg以上で3年以下の懲役又は50万円以下の罰金なので、即免許取り消し!

缶ビール1本で?

このチェッカー過剰に反応するみたいです。

では缶ビール500㎖ 2本呑んだ後はこちら

0.11%なので0.55mgになります。

一応呑んだ量に比例して数値は高くなりました。

また、呑んでいない状態では0のまま反応しないので、アルコールに反応しているのは間違いないみたいです。

今回のチェッカーは今の所まだ壊れていませんが、耐久性は???ですね。

壊れたら報告します。

まとめ

1000円以下のチェッカーでもアルコールにしっかりと反応する事がわかりました。

しかし、どれ位の量が残っているのか数値の精度は無さそうです。

アルコールが体内に残っているのか白黒はっきりさせるには使えそうです。

ただ、チェッカーの故障等で呑んでいても反応が出ない事も考えられるので、当たり前の事ですが、呑んだら運転しないを心掛けて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。

アドセンス


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


にほんブログ村 車ブログへ
ご覧いただき有難うございました。