iPhone7実質の値段は?値引き交渉でここまでお得に

どこまで値引き出来るのか?

「ソフトバンク」スマホ

今使用している「au」のiPhone6の更新月が6月に迫っています。

この更新を期にMNP転出にて「au」→「ソフトバンク」、「iPhone6」→「iPhone7」に変更する予定です。

そこで、現状どこまで値引き出来るのか値段交渉してみる事にしました。

MNP転出とは

電話番号そのままで他の携帯電話会社に乗り換える事を言います。

同じ携帯会社で機種変更をすると機種代が非常に高く付きますが、MNPで携帯会社を乗り換えると割安で機種変更出来る他、キャッシュバックなどの特典が付いてくる事が多いです。

MNP転出するタイミングの注意点

携帯電話は更新月以外でMNP又は解約すると違約金(9500円)がかかってきます。

この更新月は「au」の場合、契約の2年後の2か月間のみです。

以前(2016年5月まで)は1ヶ月間でした。

また、この違約金はスマホ、ガラケー、キッズ携帯全てにかかり、家族でスマホ2台キッズ携帯2台を所有している場合、更新月以外でMNP又は解約すると38000円の違約金を支払わなければいけないため注意が必要です。

携帯電話を2年以上使用すると値段が上がる

私は現在、ネットは「コミュファ光」携帯は「au 」をしていますが、このまま2年以上使用し続けると月々の料金がいくら上がるのか検証してみました。

実際に上がる金額は

  • 毎月割りが無くなる +2445円
  • auスマートバリュー +476円

計 2921円の値上がりとなります。

また、家族でスマホを2台使用しているので月6000円近くの値上がりです。

現在、スマホ2台、子供携帯3台で毎月6906円なので倍近くの支払いとなってしまいます。

MNP転出値段交渉

今回は「自宅のインターネット」「携帯2台」の双方を契約変更する前提で交渉しました。

交渉した店はイオンにある各携帯会社が入っている売り場です。

「今月が更新月なので」と話したら早速交渉が始まり・・・。

交渉する事約1時間、その結果は

スマホ1台あたり

初月 8717円  2か月目以降 3849円でした。

現在使用しているiPhone6の下取り分で毎月900円値引きされています。

更に

プレステ4 + WAONポイント20000円分プレゼントでした。

また、プレステ4が20000円以上で買い取りされているので実質40000円以上の特典が付く事となります。

更に驚く出来事が

値段交渉の翌日、お店から電話が有り

「その後どうですか」と聞かれたので

「更新月は6月でしたのでその月にまた伺います」と答えたら

「今契約してくれたら同じ条件で違約金もカバーします」との事でした。

って事は、まだまだ交渉の余地あるなと感じました。

更なる値段交渉に挑戦

更新月である6月が来たら、このお店で更なる値段交渉をしてみたいと思います。

最低でも今回よりはお得なる様に交渉していきます。

その結果はこのサイトで後日アップしていきます。

アドセンス


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


にほんブログ村 車ブログへ
ご覧いただき有難うございました。