スバルのアイサイトの安全性能は世界基準?

近年、急速に進化している安全運転支援システム。

その中で、スバルの「アイサイト」はツーリングアシストへと進化を遂げました。

今、このシステムで世界1位の性能を誇るのは?

運転アシストで重要とされる能力

運転アシストで重要とされる能力は2つあります。

・意識を失った時のカバー

・レーンキープ

事故に直結する「意識を失った」時のカバー

心臓や脳の疾患による意識喪失や、居眠り運転の際、車両が独自に安全確保できる能力を持たせてやれば、大きな事故を防ぐことが可能となります。

このタイプの事故は永遠になくならないと言われています。

具多的に言うと、ハンドルもアクセルもブレーキも制御しない状況において、車がどんなカバーをしてくれるのかということになります。

残念ながらアイサイト、ツーリングアシストは、15秒経過するとレーンキープがカットされ、そのまま巡行速度で衝突する。

今のところなんの対応もできないのが現状です。

もちろんやろうと思えば制御できるだるけど、そこまでやろうとは思わなかったのか?

日産とボルボもレーンキープキープ機能はカットされ、全く対応できず残念ながら巡行速度で衝突する。

ベンツEクラスのツーリングアシスト機能

ベンツEクラスは、ドライバーが運転しなくなった場合、やがて警告が出る。

それでも意識を失っていたら、同じ車線をキープして徐々にスピードダウン。

ベンツは徐行運転となるがその先はどうなるかは不明。

おそらく徐行速度で衝突すると思われます。

新型レクサスLSのツーリングアシスト機能

レクサスの新型LSは、ハザードを出して自動停止し、自動でレクサスコールセンターに繋がり、「どうされましたか?」とセンターがドライバーに問いかける。

反応がなければ救急車と警察に連絡してくれるという。

ということで、意識を失っても事故にならないという圧倒的な1位は新型レクサスLSと言えるでしょう。

また、2位がベンツEクラスでそれ以外は横並びとなっています。

連続ステアリングアシスト機能を比較

渋滞などで時間制限なく、継続してレーンキープしてくれたら一時的ながら「自動運転」となります。

アイサイトツーリングアシストは、その気になればできるだろうがもう一歩踏み出せなかったのでしょう。

全速度域で警告が出ると10秒後に機能をカット。

新型レクサスはレーンキープするも速度が落ちてしまうため、やはり使えていない。

ということで、使えるのは渋滞時に限り、車速10㎞/hまでだけど日産。

渋滞時に限り、車速10㎞/hまでならベンツEクラスとボルボとなる。

日産は事実上使えないものの、ベンツEクラスと新世代ボルボは上出来と感心できると思います。

渋滞時ノロノロ走行時なら事実上ブレーキもハンドルもアクセルも触れないまま安全に走行してくれることになります。

レーンキープシステムの機能や性能比較

メーカー別に機能や性能をまとめてみました。

スバル

システム名:アイサイトツーリングアシスト

代表車種:レヴォーグなど

システム方式:ステレオカメラ

車速:0~120㎞/h

認識方法:先行車・車線

日産

システム名:プロパイロット

代表車種:セレナなど

システム方式:車単カメラ

車速:0~100㎞/h

認識方法:先行車・車線

メルセデスベンツ

システム名:ドライブパイロット

代表車種:Eクラスなど

システム方式:ステレオカメラ+ミリ波レーダー

車速:0~200㎞/h

認識方法:先行車・車線

ボルボ

システム名:パイロットアシス

代表車種:XC90など

システム方式:単眼カメラ+ミリ波レーダー

車速:0~140㎞/h

認識方法:先行車・車線

まとめ

近年、各自動車メーカーの安全運転技術は競い合うように急上昇しています。

数年前までは安全運転支援システムが車につくことすら考えられませんでした。

しかし今や車種によってはオプションではなく標準装備となっているくらいです。

今後さらに発展を続け、安全性能が高まり交通事故が減少していく事を願っています。

高額査定が期待できる売り方BEST3

大切な愛車。

最高値で売却したいですよね。

売り方一つで、査定額は大きく変わってきます。

ときには数十万円の差がでることも。

ここでは、最高値売却が期待できる売り方BEST3ご紹介します。

  ユーカーパック


今、もっとも高額査定が期待できるのがユーカーパックです。

売却されたお客様満足度98%の実績。

100人中98人が想定売却価格よりも高く売れたことになります。

ユーカーパックは一括査定とはちがい、全国の業者がオークション形式であなたの車に入札。

一番高い金額をつけた業者が買い取るシステムです。

全国にはあなたの愛車を探している業者が必ずいます。

タイミングが合えば、あなたがびっくりする金額を提示してくるでしょう。

  かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイドでは、良企業最大10社であなたの愛車を査定。

優良企業が参加しているため、強引な買取、買い取り後のトラブルの心配がありません。

また、業者どうしが金額を競い合うので高額査定が期待できます。

  安心・納得 Goo買取


「中古車探すならグー」でおなじみのGoo買取です。

こちらの特徴は、あなたの愛車を探している業者をあらかじめリサーチ。

購入意欲の高い業者のみを紹介してくれるので、高額査定が期待できます。

自動車保険は一括見積で安くなる

あなたは自動車保険で損をしているかも!

自動車保険加入時、保険会社から提示された保険金額をそのまま支払っている人は損をしている可能性が高いです。

こちらの一括査定で自動車保険を安くしませんか?

優良保険会社最大20社が参加しているので、あなたに最適なプランが最安値でみつかります。

私自身、自動車保険が年間37810円も安くなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


にほんブログ村 車ブログへ
ご覧いただき有難うございました。