調味料は開封後どれ位日持ちする?賞味期限と保存方法をリサーチ

開封後の賞味期限は

多くの食品に記載されている

「開封後は賞味期限にかかわらずお早めにお召しあがりください」

この「お早めに」はどれくらいの期間を言うのか食品別に調査してみる事にしました。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

その調味料まだ使える?

どの家庭の冷蔵庫にも使いかけの調味料がたくさんあると思います。

まだ開けて1週間位のものなら記憶に新しいので安心して使えます。

しかし、1ヶ月近く経つと開けた日がいつなのかを忘れ、使うのにためらってしまう事があります。

また、日が経っていても捨てるとなると「もったいない意識」が働き、使うか?捨てるか?の葛藤が始まります。

そこで、開封後の賞味期限を調査し、安心して調味料を使用出来るようにしていきたいと思います。

醤油

◆開栓後1ヶ月以内

醤油は多くの料理に頻繁に使用されるため長期間保存される事は少ないですが、開栓後空気に触れると酸化が進み味、風味が低下していきます。

また、保存状態が悪ければカビなどの雑菌が繁殖する恐れがあります。

ソース

◆ウスターソース 開栓後冷蔵庫で2ヶ月以内

◆中濃、とんかつソース 開栓後冷蔵庫で1ヶ月以内

ウスターソースが醤油より長持ちするのが意外でした。

ただし日が経つにつれ味や色、香りなどの風味が落ち、とろみ(粘土)が低下し品質が悪くなる事があります。

マヨネーズ

◆開栓後冷蔵庫で1ヶ月以内

マヨネーズは0℃以下に置かれると油が分離しますので、冷蔵庫でも冷気の当たる場所は避け、ドアポケットあたりに置くのが良いでしょう。

◆穀物酢、米酢 開栓後冷蔵庫で1年以内

◆純玄米黒酢、純リンゴ酢 開栓後冷蔵庫で半年以内

※常温は上記半分の期間

酢は殺菌効果が有るため基本的に腐りにくいです。

しかし酸化する事で風味の低下に繋がります。

ポン酢

◆開栓後冷蔵庫で2ヶ月以内

ポン酢はお酢に比べて賞味期限が短いです。

また、必ず冷蔵庫で保管するようにして下さい。

ケチャップ

◆開栓後冷蔵庫で1ヶ月以内

ケチャップもマヨネーズ同様冷えすぎない方が良いのでドアポケットあたりに置くのが良いでしょう。

砂糖・塩

◆賞味期限なし

保存状態が良ければ無期限で使用できますが、湿気に弱く固まったりしてしまうので冷暗所など湿度の変化の少ない所で保存しましょう。

味噌

◆開封後冷蔵庫で1年

※常温は2~3ヶ月

味噌は発酵食品なので本来は長期間保存できる食品です。

しかし湿気が高い時期などにカビが生えたりする事が有るので、冷蔵庫での保存をお勧めします。

みりん

◆開栓後冷暗所で半年

みりんは低温で保存すると糖分が結晶化し、白い塊が出てきますので冷暗所での保存が望ましいとされています。

料理酒

◆開栓後冷蔵庫で2か月

料理酒はみりんと違い必ず冷蔵庫で保存して下さい。

ねりスパイス

◆わさび、からし 開栓後冷蔵庫で3か月

◆しょうが、にんにく 開栓後冷蔵庫で1か月

◆ゆず胡椒、ねり梅 開栓後冷蔵庫で1か月

ルウ食品

◆開封後冷蔵庫で3か月

開栓後は密閉容器に移し替え冷蔵庫で保管するのがオススメです。

清涼飲料水(ジュース)

◆開栓後冷蔵庫で3日以内

※口を着けて飲んだ場合はその日中

まとめ

食品により開封後の賞味期限が異なりますので注意が必要です。

また、1ヶ月以上日持ちするものは開封日をマジックで記載しておくと良いでしょう。

確かに調味料(食品)は大きいサイズで買う方が割安です。

しかし、ご飯を美味しく頂くには安心安全が一番なので、自分自身の食事スタイルに合ったサイズの物を選び新鮮なうちに使い切る事をオススメします


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
ご覧いただき有難うございます。
応援クリックお願いします。
スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする