信号待ちでスマホの使用は違反で捕まる?道路交通法を確認し警察署へ問い合わせてみました

信号待ちのスマホは違反?

運転中に突然の電話やメールの着信。

誰から?何のメール?気になりますよね。

信号待ちでチラッと確認。

多くの人が経験していると思います。

ではこの行為が違法行為なのか?

警察署に問い合わせ真相を確かめてみます。

スポンサーリンク
レンタルタグ大

道路交通法

道路交通法の文言はこうなっています。

第71条5の5(運転者の遵守事項)

自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置を通話のために使用し、又は当該自動車等に付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。※一部省略

と書かれています。

この法から信号待ちのスマホが違法行為なのか解析していきます。

この文面で注目すべき言葉は2つ。

  • 自動車が停止
  • 画像を注視

「自動車が停止」の意味とは

意味「動いていたものが止まる事」

信号待ちの自動車って止まってますよね。

タイヤは回転していません。

って事で信号待ちはOKなはずです。

真相は警察署に問い合わせてみます。

「画像を注視」の意味とは

意味「注意深くじっとみる事」

じゃあ、運転中でもサッと一瞬だけ見るなら良いのかって思ってしまいます。

警察への問い合わせ結果

静岡県警に問い合わせてみました。

では実際のやり取りです。

私「信号待ちでの携帯電話の使用は違反ですか?」

警察「違反ではないけど危ないですからね」

警察「路肩に止めてから使用して下さい」

私「では、信号待ちで使用したらキップを切られますか?」

警察「キップは切らないけど声を掛けて、路肩で停車して使用する事を促します」

との事でした。

ここでキッパリ「違法ではない」「キップを切らない」の2つのキーワードが出てきました。

これが結果です。

まとめ

結果、信号待ちでのスマホの使用は違法行為では無いため、キップは切られないはずです。

もし切られそうになったら警察官と道路交通法を確認しましょう。

しかし、信号が青になりスマホをやめても、通話やメールの内容が気になり、運転に対する注意が散漫になる恐れがあります。

キップを切られなくても事故を起こせば何の意味もありません。

「法律に違反していないから大丈夫」ではなく、交通事故を起こさないために、どんな行動を心掛ければ良いのか考えてみてみるのも良いでしょう。


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
ご覧いただき有難うございます。
応援クリックお願いします。
スポンサーリンク
レンタルタグ大
レンタルタグ大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする