車関連

新型カローラモデルチェンジ最新情報|進化を遂げ2018春デビュー

更新日:

12代目となるカローラがついに2018年春にデビューします。

従来のモデルチェンジとは異なり、大きな変革が期待されています。

現在わかっている最新情報を公開していきます。

新型カローラは3ナンバー化

従来のカローラは5ナンバーサイズでしたが、新型カローラは一回り大きくなり、3ナンバーサイズとなります。

セダン、ワゴンに加えて、ゴルフGTIのライバル車となりそうなホットハッチバックの投入が期待されています。

エンジンのスペックは?

パワートレーンは1.5ℓハイブリットですが、ハッチバックGTI仕様のパワートレーンは2ℓターボエンジン搭載が期待されています。

2ℓターボエンジンのパワーは250㎰以上になるでしょう。

その価格は一昔前のカローラでは考えられない金額、300万円以上になる可能性が高いです。

気になる燃費は?

現行のカローラアクシオハイブリットのJC08モードの燃費が33.8km/Lなのでそれ以上になるでしょう。

4代目プリウスの燃費がJC08モードで40.8km/Lなので、これに近い燃費になることが期待されています。

しかし、ボディサイズが大きくなり車両重量が重くなることが予想されるため、大幅な燃費向上にはならないという意見が多いのも事実です。

まとめ

従来のカローラは正直、地味なイメージがありましたが、新型カローラはよりスタイリッシュでスポーティーなデザインとなります。

購入される年齢層のターゲット幅を広げたと言えるでしょう。

いづれにしても、今回のカローラは相当開発に力がこもっていることに間違いないです。

-車関連

Copyright© トレンドニュースリサーチ , 2019 All Rights Reserved.