車関連

新型クラウンモデルチェンジ最新情報|2018年夏正式デビュー

更新日:

東京モーターショーに「クラウンコンセプト」のネーミングで登場した新型クラウン。

2018年夏に正式デビュー。

現在わかっている最新情報をレポートしていきます。

市販モデルはズバリこのルックス

クーペルックで片側3枚ガラスの6ライトで登場する新型クラウン。

現行モデルに比べ全体的にまるみをおび、流線型でスポーティーなルックスとなっています。

とくにフロント周りのデザインがよりスタイリッシュに。

そのデザインは、とても魅力的と言えるでしょう。

新型クラウンのボディサイズは

全長:4910mm 現行比 +15mm

全幅:1800mm 現行比 ±0

全高:1455mm 現行比 -5mm

ホイールベース:2920mm +70mm

新開発TNGAプラットホームを採用し、ニュルブルクリンクで走りを鍛え上げたと言われています。

搭載エンジンは

実はエンジンの仕様は未発表となっています。

しかし、関係者の噂では、直4 2ℓ直噴ターボと2.5ℓマルチステージハイブリッドの2本立て。

このハイブリッドはレクサスLCで初採用された、10段階変速制御を備えた新しいハイブリッドで、ダイレクト感あふれる走りが持ち味。

この、特徴はクラウンにも受け継がれることになります。

また、最新のコネクティッドシステムも全車標準装備され、車の新しい楽しみや安全性が構築されています。

まとめ

今回の新型クラウンは走りも鍛えられ、スポーツセダンの域に達していると言えるかもしれません。

よりスポーティーなデザイン、スポーティーなエンジンで見た目も走りも期待がもてるでしょう。

今後も最新情報を入手しましたら、レポートしていきます。

-車関連

Copyright© トレンドニュースリサーチ , 2019 All Rights Reserved.