車関連

車のキズ・ヘコミは修理して売る?そのまま?|損をしない売り方

更新日:

ボディのキズ・ヘコミは査定に影響する?

車を売却するとき、ボディのキズやヘコミが査定額に影響するか気になりますよね。

修理して売却した方が良いのか?

それとも、そのまま売却した方が良いのか?

どちらが、正しい選択かレポートしていきます。

細かいキズは査定に影響しない


車は乗り物である以上、飛び石などにより少なからずキズがつきます。

ではこのちょっとしたキズは査定に影響するのでしょうか?

影響しません。

ちょっとしたキズとは、爪に引っかかる長さ1㎝未満のキズです。

また、爪に引っかからなければコンパウンド等で消えるレベルなので、ある程度長さがあっても大丈夫です。

以前、私が自宅へ出張査定を依頼したとき、暗い場所で照度の低い懐中電灯1本でさっと見ていただけだったので、査定ってこんなもんかって思った記憶があります。

ただ、中には爪に引っかからないキズを指摘し、減額の口実にする査定員もいるので注意してください。

大きなキズ・ヘコミの影響は

やはりある程度大きなキズやヘコミは減額の対象となってきます。

マイナス金額は以下を参考にして下さい。

20㎠未満1万円の減額
20㎠以上2万円の減額
30㎠以上3万円の減額
40㎠以上4万円の減額
50㎠以上5万円の減額

※査定会社により減額が変わります

キズ・ヘコミは修理した方が良い?

結論から言いますと、キズ・ヘコミは修理しないで車を売却してください。

修理代の元は絶対にとれません。

ちなみに、20㎝未満のキズ・ヘコミを修理すると、4~5万円ほどかかります。

査定の減額が1万円なので、3~4万円ほどの赤字となってしまいます。

車を買い取った販売店は、キズ・ヘコミを修理して店頭に並べることが多いですが、自社や提携している板金屋で修理するので、一般価格と比べ非常に安価で修理ができます。

板金塗装は原材料費がほとんどかからず、技術料なので。

ただし、知り合いに板金屋がいてただ同然で修理してもらえる方は、お願いしてみるのもありかもしれません。

-車関連

Copyright© トレンドニュースリサーチ , 2019 All Rights Reserved.