車関連

スバルが人気の理由はどこにある|世界レベルの性能を徹底検証

更新日:

近年、スバル車は非常に人気が高く販売台数も増加の傾向をたどっています。

その人気の理由はどこにあるのか?

他メーカーと比較しながらリサーチしていきます。

スバルのエンジン性能は

今現在、水平対向エンジンはポルシェとスバルしか生産していません。

ポルシェのエンジンはスポーツカー、スバルは乗用車なので動力性能を比較してしまうとポルシェに軍配が上がるのはいたしかたないところです。

ただし、コンペティションの世界でいうとWRC(世界ラリー選手権)でスバルは一時代を築き、無類の強さを発揮しました。

これは言うまでもなく、「市販」という足かせを外せば世界を圧巻するパフォーマンスを発揮できるだけの技術があるという証明と言えるでしょう。

スバルのエンジン性能が世界のトップとまでは言わないにしろ、トップクラスに追従するだけの技術力があるのは間違いないです。

スバルのハンドリング性能は

この実力を試すには、氷盤路面で旋回させるとよくわかります。

インプレッサからフォレスター、レガシィそしてWRXまで、スバルの4WD車は例外なく弱アンダーステアで、ドリフトする場合でも内側にややハンドルを切りながらドリフトを持続する。

つまり、滑りやすい路面でも弱アンダで安定した姿勢を保てるようにセッティングされているのです。

これは自動車メーカーとして評価に値する見識で、本来操縦性能はどうあるべきかという考えから成りてっていると思われます。

その点、スバルは優秀と言えるでしょう。

スバルのシャーシ性能は

スバルの感心する点は、国内自動車メーカーで唯一、年次改良を行ない操縦性に関わる部分に変更を加えているとこです。

毎年シャーシを進化させてきているのです。

例えば、レガシィとインプレッサは長い間プラットフォームを共有しながら、2年間ズレているモデルチェンジのタイミングを利用し、交互に前半分あるいは後ろ半分を進化させながらシャーシの熟成や進化を図ってきました。

先に発表されたSGPは次の世代に向けて開発された意欲的なシャーシ。

その出来はフォルクスワーゲンのMQBに匹敵するほど逸材と言えるでしょう。

スバルの4WD性能は

スバルの4WDのすばらしさは、変わらない操縦性につきます。

アウディは逆にさまざまなアプローチを試みながら、操縦性の進化を図っています。

フロントデフの位置を前方に移動し、重量バランスを整え、そのためにシンメトリカル4WDをやまめした。

最新モデルは縦置きエンジンでもセンターデフを使わないトランスファー式となっています。

技術的なアプローチのアグレッシブさではアウディの方が勝っていますが、シンメトリカル4WDにこだわり、弱アンダーの操縦性を守るその頑固さと、そこから作り出される素直な操縦性ではスバルが勝っていると言えるでしょう。

スバルの安全性能は

アイサイトは、少し前までは世界的に見ても、優秀でぶっちぎりの運転支援システムでした

アイサイトのぶつからないブレーキは、依然としてこのレベルに達していないものも少なくありません。

さすがに最近の運転支援システムは、カメラ、ミリ波レーダー、ソナーなどを駆使して、各社の開発競争が激化していますが、そもそもスバルのアイサイトがでていなかったら、現在の運転支援技術のレベルはもっとずっと低かったのではないでしょうか。

それくらいスバルの安全技術は優れていると言えるのです。

ちなみに現在のアイサイト・ツーリングアシストも競争のトップ集団にいますが、優劣に関しては一長一短となっています。

まとめ

このようにスバルの人気の理由は、各性能に裏付けされたものとなっています。

走行性・機能性・安全性どれをとっても世界レベルと言えるでしょう。

あなたもスバル車のオーナーとなり、世界レベルを体感してみてはいかがでしょうか。

-車関連

Copyright© トレンドニュースリサーチ , 2019 All Rights Reserved.